Windows XPサポート終了

すみません。更新完全にサボってます。

まだまだ楽観的に考えられているWindows XP問題。「別に古くても使えるからいいや?」なんて考えている個人や企業様も多いと思われますが、とんでもない問題があります。それは「ウイルス対策ソフトウェアのサポートも終了する」ことです。たとえば、更新料0円で知られるSourcenextのウイルスセキュリティ・ゼロなんかは、サポート期間を2014年4月8日までと明言しております。

http://www.sourcenext.com/product/vs/detail/home/

他のウイルス対策ソフトウェアの考えを全て調べた訳ではありませんが、トレンドマイクロは次のような発表をしております。

http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-jp/1097060.aspx

2015年12月31日まではアップデートの配信は行うようですが、OSに起因する技術的問題が発生した場合においては解決できない状況になるかもしれないとあり、詰まる所、買い替えを促しております。

また、このような状況なので、世界中のハッカーがWindows XPをターゲットにウイルスやマルウェアを好んで開発する状況に陥りかねません。

「こんなん、マイクロソフトの勝手な行動が許されるはずないやん」とおっしゃられる方も多くおられますが、サポート終了は何年も前から告知されておりますし、無料で永遠にセキュリティアップデートを行うことは、莫大な費用がかかりますから無理に決まっております。

しかし、「うちはXPでしか動かない、専用のソフトウェアがあるからな?」とか、「OSを変えたら使っているソフトもアップグレーでせなあかんわ。CADなんかは滅茶苦茶高価やから、簡単には行かんわ。」なんて意見が沢山出ているのも事実です。弊社では、OSをアップグレードしてもソフトウェアについてはできる限りの延命処置をいたしておりますが、正直、ものすごい時間を取られるため、非常に頭の痛い問題となってます。

 

2013-07-09 | Posted in 入江(社長)Comments Closed 

関連記事