Microsoft製品に統一している理由

弊社では、開発環境を全てMicrosoftに統一しております。逆に、Microsoft以外の開発案件は原則お断りさせていただいております。そんなことを話していたところ、「じゃぁ、Microsoftを押す理由なんてのを書類にまとめて」なんてことになりまして、作ってみました。うちはMicrosoftの回し者ではありませんが、なんかそのような文章になってしまいました。かなり乱暴な言い回しですが、わかりやすくするためには仕方がありません。折角なので、以下にその文書を付けておきます。

———————————————

オープンシステムが一般化している昨今ではありますが、業務システムについては垂直統合型の流れにあります。弊社では、創業以来ソフトウェアにおける開発や運用を可能な限り商用である「Microsoft」製品に1本化しております。イニシャルコストやプラットフォームの多さではオープンシステムは優れておりますが、運用コスト面ではMicrosoft製品の方が優れております。システム開発と運用におけるスピードアップと低コストの両立が可能になり、少人数で優れた開発リソースを所持することが可能です。

※垂直統合型

オープンシステムであるマルチベンダーの分散システムでは運用管理にコストがかかるため、ハードウェア・ソフトウェアをまとめて1社でシステム構築する方法

 

Microsoft製品に統一する理由は次の通りです。

???? 運用・保守の簡素化

同一ベンダにすることで、サポートが容易になります。オープンシステムの場合、複数のメーカによる製品が寄せ集めされており、個別に対応しなければなりません。また、商用系の場合、ベンダからのサポートが受けられます。

???? ノウハウの蓄積が生かされる

過去のノウハウを継続利用することが可能になり、技術力が向上します。対応する環境を1本化することでノウハウの分散を避けることが可能です。Microsoftで統合されている環境下ではノウハウがそのまま流用可能になりますが、オープンシステムの場合、さまざまな顧客で同一環境にすることは難しく、同一目的であっても個別にノウハウを所持する必要があります。

???? 持続性

開発済みソフトウェアが長期に渡り使用可能です。商用系の環境では、過去の資産についても動作可能な環境が多く提供されますが、オープン系の場合、それぞれのベンダの意向により仕様変更がなされ、ソフトウェア変更を余儀なくされる場合があります。特にフリーソフトウェアの多くがこれに該当し、最悪の場合ハードウェア・リプレイスが困難になる場合があります。

???? Windowsアプリケーションの開発

Microsoft開発環境の強みは、ネイティブなWindowsアプリケーションの開発が可能であることです。サーバサイドではオープンシステムの採用が多くみられますが、クライアントOSは依然としてMicrosoftです。従ってクライアント操作性では圧倒的にWindowsアプリケーションが有利です。Windowsアプリケーションは「リッチクライアント」と言われ、ユーザフレンドリな画面を素早く構築できます。また、デバイスコントロールが必要なアプリケーションも容易に開発可能で、システムの拡張性に優れます。

???? 開発スピード

同一環境下にて同じノウハウで開発が可能なため、習熟され開発スピードが向上します。商用系の開発環境は高い操作性を実現し、一層の開発スピード強化が図れます。データベースアプリケーションはWebアプリケーションよりもWindowsアプリケーションの方が圧倒的に開発スピードに優れます。

???? 親和性

開発環境、OS、データベース等を全てMicrosoft製品にすることで、高い親和性を実現します。ExcelやAccessといったMicrosoft Office製品との連携も可能です。

???? クロスプラットフォーム

Windowsアプリケーション、Webアプリケーションの両方が同一の開発環境で構築が可能です。また、スタンドアロンで稼働するアプリケーションからクラウドや仮想化まで対応が可能です。

???? セキュリティ

脆弱性に対するアップデートはオープンシステムの方が早いと言われておりますが、個別に対応する必要があります。Microsoft製品の場合、アップデータのスピード自体はオープンシステムより劣るものの、Windows Updateにより確実にアップデートされますので脆弱性対策に対するコストを抑えることが可能です。自社システムへのセキュリティアップデートを怠ったり、開発したアプリケーションに脆弱性を含んでしまった場合、オープンシステムだから安全といったことにはなりません。むしろ、脆弱性に対する知識を開発者が持つことが重要であり、これについては?の通りノウハウをWindowsに凝縮させることでより高いセキュリティを保持することが可能になります。

 

以上

2013-08-02 | Posted in 入江(社長)Comments Closed 

関連記事