Windows7でRDP8 + RemoteFX

忘備録として。

Windows7をホストOSとしてリモートデスクトップ接続する場合、効率化の為次のような設定を行う。

 

ホスト、ゲスト共通に行うこと。

?Windows UpdateでKB2592687をインストール

ホストのみ行うこと

?ローカルグループポリシーの変更

gpedit.mscを実行

コンピューター構成 \ 管理用テンプレート \windows コンポーネント \ リモート デスクトップ サービス \ リモート デスクトップ セッション ホスト \ リモート セッション環境

「リモート デスクトップ プロトコル 8.0 を有効にする」を「有効」にする。

「RemoteFXを構成する」を「有効」にする。

「RemoteFXを使用するときに、視覚エクスペリエンスを最適化する」を「有効」にする。

コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート \windows コンポーネント \ リモート リモート デスクトップ セッション ホスト \ 接続

「RDP トランスポート プロトコルの選択」を「有効」にする。このとき、トランスポートの種類の選択が「TCP と UDP の両方を使用」になっていることを確認する。

ついでに、古いThinClientのXP Embedded にRDP7.0をインストールするには次の通り。

?KB969084の英語版をインストール

?KB969085の英語版をインストール

無論、XPはSP3でなければならない。

 

 

2013-08-12 | Posted in 入江(社長)Comments Closed 

関連記事