設立10周年

本日、会社立ち上げから丸10年が経ちました。国税庁の調べでは10年の生存率は6.3%だそうです。自分で言うのもなんですが、すごいですねー。すごすぎますねー。というのは、順風満帆とは程遠く、会社設立からいきなり倒産寸前という困難なスタートだったからなんです。

10年前、自分でああしたい、こうしたいと思っても、所詮はサラリーマン。あれこれ行動すればするほど追い込まれ、「自分にはサラリーマンは不可能。もう独立しかない。」という選択肢しかありませんでした。独立後も継続して同じ仕事をさせてもらう手筈だったのが、独立した直後にこれ幸いと突き放され、体の良いお払い箱にされました。商売は本当に甘くないと、開業まもなくして痛感したことを覚えております。

数少ない仕事から得られる収入と現金残高から計算すると、そのままの状態が続くと約9か月で破産という状況でした。

その時はもう滅茶苦茶でしたね。ネットで絵画売るとか、古物商始めるとか、パソコンのメンテナンス業始めるとか、中国から輸入して物売るとか(これ残ってます)、逆に日本で工業製品仕入れて中国で売るとか。そんなことでもがき苦しんでる時に、以前お付き合いのあった人伝いに、緊急のソフトウェア開発の依頼が来たんです。納期が間に合わないから手伝ってほしいとのことでしたが、よく聞いてみると体調不良で入院することになったから急で申し訳ないけど何とか間に合わせてほしいということでした。内容もかなり専門的なもので、仕様書も乏しいし納期も短いし、大変厳しい案件でした。しかし、こちらも生活がかかっている以上、引くわけにはいきません。理論を勉強しながら「えい、やぁ」的なプログラミングで何とか完成せることができました。依頼主も出来栄えを見て大変喜んでもらえました。しかし、その方は残念ながら、癌でまもなくして他界されてしまったんです。独立後初めてのソフトウェア開発で、いきなり衝撃的な仕事でした。でもこのことで自分の意思がはっきりしたんです。自分には人に喜んでもらえるものがあり、これを生かさずして商売は無いと。

それ以来、ソフトウェア開発を軸に関連するサービスを提供するというスタイルを今も継続いたしております。誰でもできるようなものではなく、自分たちができることを最大の武器にして、この先10年も頑張ってまいります。

 

本日、弊社が入っているビルの会社から、胡蝶蘭を頂きました。ありがとうございます!!!

P1010876

 

2013-08-26 | Posted in 入江(社長)Comments Closed 

関連記事