簡単な自己紹介と仕事内容 – 社員ブログ第2回目(担当:上田)

本ブログをご覧の皆様、はじめまして。
社員ブログ第2回目の担当になりましたシステム事業部担当の上田と申します。

今回のテーマはこちら。【簡単な自己紹介・仕事内容】

 

・簡単な自己紹介

生まれも育ちも弊社と同じ場所の東大阪です。昨年に結婚するまで東大阪に居ました。 弊社とは新卒からお世話になって彼此10年目になりました。時間経つのが早いです(笑)。 趣味は学生時代までインドア派(ゲーム好き人間)でしたが、就職を機にアクティブになろうと思い、 現在はアウトドア・インドアもどっちも行けます。色々広く浅くに嗜んでいます。

最近だと、先月にアウトドア大好き友人とロープキャニオンリングに行ってきました。キャニオンリングは初めてで、 しかも、いきなりロープ付き!?(高い所からジャンプ? バンジージャンプな感じ?)と少しビビッていましたが、 実際は川の真ん中までターザンして、高さ3mくらいから落とされました。想像よりも優しくとても楽しい時間を過ごせました。 下の写真通りに楽しんでいる雰囲気が感じて頂けるかと思います(笑)。

ロープキャニオンリング

 

・仕事内容

弊社の仕事内容はIT全般、とても幅広くサポートしており、一度では書ききれません。今回は、ほんの一部分ですが「ヘルプデスク」を紹介します。 「ヘルプデスク」はITトラブルや操作説明の相談を直接受ける仕事です。ITトラブルはPCやサーバなどハードウェア不具合、ネットワーク不具合、 ソフトウェア不具合など多々あります。操作説明はPCやネットワーク機器の使い方など説明も行います。

弊社のお客様はIT部門を弊社に丸投げして頂いていますのでITについて詳しくない人が大半です。 その為、電話やメールで最初に問い合わせが来た時、「PCが起動しない、PCが遅い」など問い合わせ内容はとても曖昧で分かり難い所があります。 トラブル状況を具体的に突き止めるのは本当難しく、可能であればお客様のPC画面をリモート共有して状態確認もします。

それで状況を具体的に把握できたとしても、その解決方法は千差万別。 ベストな方法はIT知識や過去経験から導き出されるものだと思います。下記の例でも挙げている通り、 お客様とのコミュニケーションや診断ツールなど駆使しながら解決に導きました。

トラブル例はよくある「HDD故障」です。これはハードウェアの不具合です。

お客様から下記の問い合わせが来ました。 「PCやWindowsは起動・ログオンできたが、操作がとても遅い。仕事にならない。」 この話だけだとHDD故障に直ぐに結び付きませんでした。

この時、リモート画面共有はできました。リモート上で色々調査してみました。 操作が重いとの事だったので、CPU使用率を占有している暴走アプリがないかタスクマネージャーをチェックしましたが無く、 イベントログにエラー無いかどうかも調べてみましたが無かったです。どうやらソフトウェアの問題では無さそうでした。

そして、ハードウェアの問題だと想定しました。HDDの可能性が高いと考え、 お客様へHDDアクセスランプの点滅状況の確認をお願いしました。すると、点滅ではなく、点灯し続けていると分かりました。 という事はHDDアクセスがずっと大量に発生していてパフォーマンスが極端に低下しているのだと考えました。 更に、リモート画面共有で見る限り、Windows本体や起動中アプリがHDDアクセスを占有していなかったので、HDD本体の異常だと判断しました。 ハードウェアの問題だとリモート画面ではどうにも解決できないので、弊社までPCを送付して頂きました。

問題PCを受取り後、メーカー純正診断ツールを実行してみました。 すると、下記写真の通り、HDDファームウェアのエラーが見つかりました。 HDDファームウェアが故障して暴走していました。 最終的にはHDD本体の交換対応を行い復旧させました。

HDD診断ツール

 

熱暴走の可能性もありましたが、冷却装置の故障よりも、HDDの故障率が高いとの判断から導き出しました。 原因特定に掛かった時間は約1時間(診断ツール実行込み)でした。PCやパーツを含めたハードウェアのノウハウ、 Windowsのソフトウェアのノウハウ、過去経験が活かされた結果です。ちなみにHDD中のデータは見る事ができたので、 データは救出しました。可能な限りデータ復旧も行いました。

こういったスキルが低いと大変時間と労力が掛かってしまい、結果的に復旧時間も掛かってしまいます。 最悪、原因特定もできず復旧できずに諦めるといった事もあると思います。

といった形で、 弊社は様々なPCトラブルにも瞬時に解決できます。勿論PC以外も対応できます。 お困りことがございましたら、是非弊社までお気軽にご相談下さい。

2017-08-30 | Posted in 上田(システム事業部)Comments Closed 

関連記事