Windows10への無償アップグレードによりリモートデスクトップ接続で音が出なくなる。

Windows7からWindows10へ無償アップグレードができるって、あまり知られていないようです。

 https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80

が、私は安易にお勧めはしません。というのは、結構下調べした上で実行する必要があります。ドライバやソフトウェアが対応しているかを確認したうえで実行します。しかし、それでもおかしくなったりします。なので、周りの人には殆ど言ってません。といいますのは、もし私が言ったのを聞いて実行されておかしくなったら、確実に問い合わせが来るからです。あくまで、自己責任でお願いします。

さて、それでもおかしくなった例を1つ挙げておきます。現時点で一切解決策のページがありませんので、備忘録です。
Windows10にアップグレードした後にリモートデスクトップでログインすると、「リモート オーディオ」が認識されなくなる場合があります。この現象を解決するのに1営業日かかりました。勿体なー。

で、結論ですが、元々Windows7のRDPバージョンは7.1なんですが、SP1で8.0に上げる事ができました。
 https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35393
これを実行した後にグループポリシーで変更をすると、画像圧縮が効いたりUDPが使えたりと、リモートデスクトップの性能が良くなるんですが、このグループポリシーを戻さなければなりません。厄介なのは、Windows10にアップグレードした後になると、このグループポリシーが消えてなくなっており、元に戻せなくなります。
他サイトで直せるように記載されておりますが、実際はできません。
ではどうするかですが、以下のレジストリを変更すれば直ります。

レジストリキー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp
名前:AudioEnumeratorDll
値:rdpendp_winip.dll
この値は誤りです。正しくは「rdpendp.dll」です。

同様の事象でお困りの方、お試しあれ!

2019-08-17 | Posted in 入江(社長), ブログ, 備忘録Comments Closed 

関連記事