大人数でハイブリッド会議を

このコロナ禍で、大勢の方がオンライン会議を経験されたかと存じますが、皆さんは「ハイブリッド会議」をご存知でしょうか。リアル会場とオンラインとで同時開催するものです。学校教室レベルの人数の場合、会場側の拡声は無くても大丈夫ですが、人数が100人規模になってきますと、PA(音響装置)により、会場側とオンライン側双方の音声を大型スピーカへの出力が必要になります。頭の中では簡単だろうとは思われますが、実はちょっとした知識と経験が必要になります。私自身、コロナ以前から色々とオンライン会議に携わらせていただいており、この辺の予備知識がありまして、購入して実際にやってみたところうまくできました。

実は、ハードウェアは知ってしまえば大したことは無いのですが、当日の運営が大変なんですね。調整が大変な上に短時間で設営・撤去が必要な事、不測の事態への対応も必要になります。何はともあれ、準備が非常に大切です。

このコロナ禍でご縁がありまして、多くのハイブリッド会議の経験をさせて頂きましたので、ご紹介させていただきました。本業のソフトウェア開発とは全く違うものではありますが、お困りの方へのサポートも可能ですのでご相談ください。

2020-12-09 | Posted in おしらせ, 入江(社長)Comments Closed 

関連記事